経絡治療とは

相模原市の鍼灸院

 一言でいえば、“気の調整”です。
 東洋医学でいう“気”とは空気や元気のように目には見えませんがその存在を知ることはできます。 “気”は人体を昼夜休むことなく運行し、生体の成長や疲労回復等、生命活動をつかさどる生命的エネルギーの源です。
 よく 「病は気から」 と言いますが、病気・体調不良・精神不安定は“気”のバランスが崩れたり、あるいは“気”そのものが不足した状態を言います。

経絡治療は全身治療です。

相模原市の鍼灸院


 鍼灸(針灸)治療は肩こり、腰痛などの痛みを軽くするものとか、お年寄りが神経痛の治療に通うところ、というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。
 もちろん、痛みを和らげたり、動かせなかった関節を楽に動かせるようにすることも鍼灸治療ですが、それはほんの一部分です。

 経絡治療では、現れた症状に至った根本原因を探り出し、その原因にアプローチしていきます。

 つまり、脈・腹部・顔色・皮膚・声・話し方・動作など全身くまなく観察し、生活習慣・生活環境などを丁寧に聞き、証(病の本質)を見定めます。そして、その証(病の本質)に従って全身治療をしていきます。
 だから肩こりであっても人によって証(病の本質)が違い、治療法が異なるということもあるわけです。

自然治癒力を引き出す。


 本来、人の身体は治ろう、自分を守ろうという方向に働いているのですが、何らかの原因でその力が弱くなっている状態が病であり体調不良です。

 経絡治療ではその本来持っている自然治癒力を引き出し、身体が治ろうとする方向に行くお手伝いをします。

 ですから、つらかった症状がなくなったり軽くなるだけでなく、こんなことまで!?というおまけもついてくることがよくあります。
 顔の色艶がよくなったり、ハリがでてきたり、むくみが取れてジーンズがゆるくなったり、便秘しなくなったり、夜ぐっすり眠れるようになったり、イライラしなくなったり・・・。つまり、症状のある部分だけを治療するのではなく全身治療をすることで、全体の機能を高めているのです。

MENU

 



電話予約制


042―746−1955

最終電話受付は20時まで





inserted by FC2 system