小児鍼について

相模原市の鍼灸院


 小児鍼は0歳から小学生までに行う鍼です。 この年代の子どもたちは発育過程にあり「気」の動きが特に盛んです。

  0歳から学童前の子供は刺入しない鍼で皮膚表面を擦ったり、按圧したりするだけで治療効果は十分にあります。
小学生になると毛鍼(もうしん)といって髪の毛よりも細い鍼を使用しますので痛みは全く感じません。
子供でも怖がらず治療を受けることができます。

お母様に一言


 子供の健康の証は、”能食、能便、能眠、能動”といって、 ”能(よ)く食べ、いいウンチをし、よく眠り、よく動く”ことです。
この四つの”能”にひとつでも変化があれば病気の始まりと考えてください。

普段から子供を良く観察しましょう。

小児鍼の適応症


 風邪をひき易く熱もよくでる。
 扁桃腺炎・中耳炎にもなりやすい。
 いつも胃腸の調子が悪く食事にムラがある。
 なんとなく元気が出ない。
 イライラし易く緊張気味である。
 夜泣き、アレルギー体質、打撲、捻挫

できるだけ抗生剤や解熱剤を使用せず、子供たちが本来持っている自然治癒力を小児鍼で高めて治したいものです。

 相模原の鍼灸院 はり灸院 隆道 (りゅうどう)


相模原市の鍼灸院

 相模原市南区相南4丁目24−21  ビラージュイノウエ 103
  電話 042―746−1955


  院長 : 佐藤 隆道
        東洋はり医学会 指導講師


   昭和63年 あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得
   平成 元年 はり師、きゅう師の国家資格を取得

MENU

 



電話予約制


042―746−1955

最終電話受付は20時まで





inserted by FC2 system